学習の注意

出典: All About

 

★子供の才能を伸ばす幼児教育とは

幼少期から習い事をしている家庭が増え、「何歳からどんな習い事をさせたらいいのか」と悩んでいる人は多いもの。灘中学などの難関中学に合格したご家庭に幼児期の教育についてアンケートしたところ、多くのご家庭が「習い事よりも、家庭での規則正しい生活に取り組んだ」と回答されました。幼児期に、ご家庭でできる教育について紹介します。

 

★語彙力と考える力は家庭で育める

小学校低学年までは学校の授業についていけても、高学年から学習が遅れる児童が多いのですが、その原因は二つ挙げられます。

 

一つ目は、語彙力の不足。語彙力が不足していると、授業で聞く言葉の意味をイメージできないため、授業の内容を理解できなくなるのです。

 

二つ目は、考える力の不足。小学校高学年になると、文章題など考える問題が増えてきます。考える力や経験が不足していると、難問を目の当たりにすると、解こうという気持ちが萎えてしまうのです。

 

コミュニケーションの土台となる語彙力や考える力は、親子の会話のやりとりを通じて、子ども自身が考えて判断する経験を通して豊かになります。所得や教育投資額に関係なく、お子さんとの楽しい経験の共有を大切にする家庭では語彙力が高くなる傾向があります。また、お子さんが考える時間を大切にしている家庭では考える力が育まれます。

 

★好奇心はすべての学びの基礎

子どもにとって、知ることによって世界が広がるということは、非常に楽しい経験です。その楽しさを発展させることも教育なのです。本来、子どもは好奇心旺盛ですが、周りの大人が邪魔をすることで子どもが臆病になり、積極的に動くことをやめてしまいます。しかし、好奇心はすべての学びの基礎。基礎だから見えないし、形にはなりません。けれども、その好奇心は中学1年くらいまでにしか育ちません。好奇心は毎日の生活の中で養われるものであり、小さい頃から家庭の中で育まれるものなのです。

 

難関中学に合格しご家庭では、「昆虫への関心が強かったので、自然教室に参加させた」「電車や恐竜に興味があったので、博物館や発掘現場に連れていった」など、知的好奇心を刺激する取り組みをされておられました。一見、「遊び」と思うようになることでも、子どもに刺激を与えるのです。このように、親の関わり方によって子どもを伸ばすことができます。

 

★習い事やスポーツも有効

しかし、家庭だけで教育をするのは不安と思われるのであれば、幼児教室や習い事を利用しましょう。文部科学省の「子どもの学校外での学習活動に関する実態調査」によると、約7割の小学生が習い事をしています。

 

幼少期に習い事やスポーツなどに取り組むことは、人間形成上大切ですし、知的好奇心の刺激も期待できます。一方で、幼児教室については注意が必要です。幼児教室の中には、専門知識を持たない先生や、自分の子どもが有名学校に合格したというだけで、幼児教室を開校する人さえいます。

 

幼児教育の場合には、テストなどでの学習効果の測定が困難なため、信頼できる幼児教室を選ぶことが大切です。

 

前述しましたように、幼児教育の効果は、幼児の時点の習得能力ではなく、将来(小学生以降)にどれだけ好影響があるかによって判断すべきです。

 

将来に活躍できる総合力を育てるための幼少期のポイントは、自然体験などの遊びを通じて知的好奇心を刺激し(「よく遊び」)、勉強する習慣づけをする(「よく学ぶ」)ことです。

 

本テーマ『子供の教育』サイトでは、「よく遊び」「よく学ぶ」と、これらを支える「生活習慣」について、幼少期で取り組んでいただきたいことをこれから紹介していきます。

 

出典: It Mama

 

もうガミガミ注意は不要!勝手に子どもが勉強してくれる方法3つ

2013年4月21日 It Mama編集部 子供


もうガミガミ注意は不要!勝手に子どもが勉強してくれる方法3つ


4月になって学年も変わり、「今年こそは子どもに頑張って勉強してもらいたい……!」と思っているパパやママは多いのではないでしょうか。


しかし、やみくもに「勉強しなさい!」「まだ宿題してないの?」というだけでは効果がありません。それどころか、「ママうるさい!」といたずらに反抗心を煽ってしまいます。


教育プロデューサーで『「将来有望」な子どもの育て方』の著者の細川眞紀子さんは「ママの役目は“子どもに勉強をさせる”ことではなく、“子どものやる気を引き出し、自主的に勉強する習慣をつくってあげること”」だといいます。


この“習慣を身につける”のは、子どもが小学生になるまで待つ必要はありません。むしろスタートが早ければ早いほど、親も子も苦労することなく“学習習慣”を身につけることができるのです。


それでは、一体どうしたら子どもに学習習慣の身につけさせることができるのか? 細川さんの著書から方法を3つご紹介します。


 


■1:食事の前が習慣化のチャンス!


子どもの年齢別に見ていきましょう。0歳の乳幼児は、読み聞かせを習慣化させることが後々の“学習習慣”につながっていきます。


たくさんの言葉を聞かせることは言語の発達にも良い影響をもたらしますし、理解力や表現力も培われます。


まずは、毎朝決まった時間に子どもと一緒に絵本を開いてみてください。


1、2歳児になったら、食事の前の10分間をうまく活用します。この年齢になると、椅子に座って食事をするようになっているので座学をスタートさせやすい、というメリットがあります。


本読み以外に、数字や平仮名50音のカードを見せるなどの勉強もいいです。カードを見せて、子どもが言えるまでしつこく何度もやるのではなく、“楽しく素早く”を基本とします。


 


■2:ドリルで達成感をクセにする


3歳になると、本読みやカード以外に、パズルや、波や線を書くドリルができるようになりますから、チャレンジしてみましょう。


4、5歳児ならひらがなのドリルや、そろばんを習っているなら、技能に合った計算問題集なども少しずつできるようになります。ここに挙げているのは一例です。子どもの興味に合うようなものを見つけてあげてください。


今、お子さんが小学生の場合は、1枚10分程度で終えることのできる、ドリルから始めるのがいいと思います。


宿題があって忙しいことを考えると、毎朝の習慣として取り入れるのが現実的です。朝からドリルを1枚やり終える、その達成感がやる気につながるので内容は難解すぎないものを選びましょう。


たとえば割り算でつまずいているなら、少し戻ってかけ算や、1ケタのごく簡単な割り算から始める、くらいの気持ちでOKです。


 


■3:宿題はさっさと終えれば気分が良いことを刷り込む


その日に出された宿題は、その日のうちに片づける。これも学習習慣のひとつと言えます。


家庭で行うドリルなどがその子の学力よりやややさしめか無理のないものであるのに比べ、宿題は教科も難易度も選ぶことができないという点で異なります。ですから、子どもをやる気にさせるのは家庭での学習習慣以上に、手間と時間がかかります。


親に「宿題はやったの?」と言われて嫌々やるよりも、「宿題をさっさと片付けてから遊んだ方が断然気分が良い!」この感覚を日々刷り込んでいくのです。


具体的な方法としては、ゲーム感覚が好きな子どもの特性をうまく使い、たとえば、夕食前に宿題が終わっていたらシール2枚、お風呂の前に宿題を終えられたらシール1枚というように、ルールを決めて実践します。


シールを貼る台紙に子どもの好きなキャラクターのシルエットを描き、1ヶ月など決めた期限内に、シールで埋め尽くすことができたら、嬉しいご褒美が待っている、というような工夫をすれば、子どもは大喜びで頑張ります。


宿題をやったかやらないかを、親が手帳に書き込んで管理するよりもシールでもスタンプでも花丸でもいいので、視覚的に達成感を得られる方法のほうが子どものやる気を引きだすのに効果的です。


 


いかがでしたか? “子どものやる気を引き出し、自主的に勉強する習慣をつくってあげること”は大変な部分もありますが、そこがママやパパの工夫次第、腕の見せどころかもしれませんね。


やり方次第で「宿題ならもうやっちゃったよ!」と、子どもからそんな嬉しい言葉が聞ける日も近いかもしれません。


出典: 賢い子に育てたい!

 

親が子供の勉強を見る場合の注意点


長年教育業界で働いてきてたくさんの子供を見てきましたが、幼児期から小学生までの家庭での勉強が重要だと実感しています。

中学生で勉強が出来る子(心の成長も順調な子)には、ある共通点があります。

それは、母親の子供への接し方です。


一人の人間として扱っている

子供との距離の取り方が上手

勉強についてあまり干渉しない


このような特徴がある気がします。


はどのようなことかというと、何かを決める際に子供ときちんと話し合い、最終的には子供の意思で決めるということです。

もちろん、子供の好き勝手という訳ではなく、親としてのアドバイスもしっかりしています。

子供が最終的には決断するので、子供自身が納得して進んでいくことができます。


については、本当に程よい距離感だということです。

親は過干渉ではないのですが、子供をしっかり見ています。

子供は親を尊敬していますし、親の気持ちを理解しているように見えます。

これに関しては説明するのが少し難しいので、例を挙げてみます。

私が現在塾で担当している中学2年の生徒Mちゃんが、この前「今日は家に帰りたくないんだ~」と授業後に言いました。

塾に来る前に、お母さんに怒られたそうなのです。

でも、怒られたことを引きずっているとかモヤモヤしているとかではなく、「話しかけてもきっと機嫌悪そうな態度取るんだも~ん」と言っていました。

そして、「怒ってくれるってことは、ありがたいことだってわかってるの。だって、私のことを考えてくれてるから怒るんだもん。」と言うのです。

こんな風に子供が言ってくれるなんて、Mちゃんのママは幸せだな~としみじみ思いました

良い関係を築けてますよね


そして、最後にについて。

中学生の時点で勉強について干渉していないのに良い成績が取れるということは、実は幼児期~小学生の間にしっかり基盤が出来ているからだと思います。

全員の過去を調べたわけではないので全員がそうだとは言い切れませんが、保護者や生徒と話をしてきた中で「家庭でしっかり見てきたんだな~」と感じることが多かったことは事実です。

そういうこともあり、私自身、子供の学習についてはいろいろ考えながら実行しているというわけです。



前置きが長くなりましたが、本題の家庭学習の注意点について書きたいと思います。


絶対にやってはいけないのは、「教え込む」ということです。

そして、「詰め込み」もよくありません。


子供というのは、「自分で興味を持ち→予想して→試してみて→理解する」という流れで物事をやっていくのが自然です。

興味を持っていないことをやらせても、苦痛なだけです…。

予想しないで結果だけ教えても、つまらないだけです…。

自分で試してないのに結果が出ても、他人事です…。


大人だってそうですよね。

興味ないことはやりたくないし、予想して当たったり外れたりするから楽しいんだし、自分でやるからこそ結果が出たら嬉しいんです。

ママが子供の勉強を見るときって、ついつい「理解させたい」と必死になってしまい、知らないうちに焦りが出てしまうんです。

子供がわからないと、ママはイライラしてしまいますよね。

そうすると、それが子供に伝わり、子供も焦ってますますわからなくなってしまいます。

悪循環ですよね


塾でも小学生の保護者からよく言われます。

「先生、どうやって教えたんですか家ではいくら教えても全然わからないんです。」と。

簡単に言ってしまえば、先生は必死にもならないし焦りもしないんですよね~。

どうやったら興味を持ちやすいのか、楽しく理解できるのか、そういうことしか考えてませんから



あとは、時間も重要です。

幼児期は、本当は勉強(机に向かって問題を解くこと)なんかしなくてもいいんじゃないかと思うのです。

でも、いろいろと事情もあり、早くから勉強させる必要がある家庭もありますよね。

我が家もそうですね。(笑)

だからこそ、時間で調整しています。

我が家のプリントタイムは、1日5~10分です。

短い時間でポイントを絞ってやる。

机に向かう習慣をつけてるだけ、と言ってもいいかもしれません

プリントやドリルをやる時間については、それぐらいでいいんです。

でも、体験学習や遊びの中で学ぶという経験は大切です。

幼児期は、そっちを中心にしましょう。


この前、塾で小学2年の「3けたの数」を教えました。

この単元、お金を知ってるかどうかで意外と差がつくんですよ~。

普段のお買い物で実際にお金のやり取りをしている子は、すんなり理解できます。

小さい頃に家庭で「買い物ごっこ」などでお金に触れる機会があった子も、理解が早いのです。


実は我が家は、4歳からお小遣い制にしています。

今までに何度か、制度の見直しはしましたが

例えば、欲しいおもちゃがあると、それを買う為に子供は考えます。

週に200円あげているのですが、「1200円だから、あと○回使わないで我慢すれば買える!」などと計算するんです

こういう経験も、後々算数で役に立つんですよね~。



生活や遊びの中で学べることもいろいろあります。

焦らず、じっくり、やっていきましょう


出典: マイベストプロ 徳島

 

子供に勉強をさせるときの注意点



学習指導

お子様に勉強をさせるときに注意すべき点があります。


それは、お子様のメンタルケア です。


・やる気を引き出す

・安心して勉強に取り組めるようにしてあげる


といったことが大切です。



子どもの立場で考えれば、

友達より成績が悪ければ負い目を感じますし、

親や先生に怒られないかと不安にもなります。


心がこんな状態だと、勉強に対して後ろ向きで消極的になり、

学年が上がるにつれて苦手意識を持ってしまいます。


このままでは、勉強する意欲が湧いてこないので、

いくら家庭教師や塾の先生が必死で教え込んでも

頭に入ってくる学習内容は微々たるものです。

効率の面でも大問題です。



まず、お子様のやる気を引き出すことが重要 になります。


次に、


教え込まれるのではなく、自ら学ぶ姿勢を育むことで、

主体的に「学ぶ楽しさ」「自信」を付けさせていくこと


が重要です。 



確かな地点(指針)から学習を開始できているか


多くの保護者様、お子様があまり向き合えていない事なのですが、

実はものすごく重要なことです。


勉強といっても、やみくもにやれば良いというものではありません。

おさえるポイント、目標が個々で違っていたり、個性もありますので、

泰成ゼミナールでは個別に対応させていただいています。


何か勉強の取り組み方に疑問をお持ちであれば、

できるだけお早目にご相談ください。

出典: パピマミ

 

“ごほうび”で子供に勉強のやる気を出させるテクニック


【ママからのご相談】

小学生の息子がいますが、勉強嫌いのようで、自分からは全く勉強しません。クリスマスが近いこともあり、「次のテストでいい点を取ったら、ゲームソフト(かなり高価な)を買って!」とねだってきました。


自分から勉強をしてくれるなら、安いもののような気がしますが……ごほうびで勉強をさせるのはどうなのでしょうか?


a ごほうびは効果がありますが、使い方には注意が必要です。


ご質問ありがとうございます。プロ家庭教師の佐々木恵です。


全く勉強しないお子さんに対しては、「○○をあげるから、お願いだから勉強して!」と言いたくなりますよね。今回は心理学的に見たごほうび作戦の効果と、注意点について書きたいと思います。



短期的には効果あり


心理学的にいうと、人が自主的に何かをする時というのは、


・「自分ならできる!」という自信があるとき

・「これができたら○○してもらえる!」という期待感があるとき

・目標があるとき


この3つです。だから、「期待感を持たせる」ことができるごほうび作戦は効果があるといえます。


物理的なごほうびはすぐに慣れてしまう


人間のモチベーション理論に、『XY理論』というものがあります。


それによると、お金や物は短期的なモチベーションにはなるけれども、長く続かないということが示されています。


「次のテストで80点を取ったら1,000円ちょうだい!」とお子さんに言われ、それが実現されました。ごほうびとして、1,000円のおこづかいをあげたとします。おそらくその子は、次のテストでも1,000円のおこづかいをねだってきます。もしかしたら、それ以上の金額をねだってくるかもしれません。


これを続けると慣れてしまい、もらうのが当たり前になってしまいますし、ごほうびがないことを知ったら、やる気をなくしてしまうかもしれません。


「ごほうびなしでは勉強しない子ども」になってしまう危険性があるのです。


ごほうびはあくまで、「きっかけ」として使う


では、ごほうび作戦を有効に使うためにはどうすればいいでしょうか。


人が自主的に何かをするのは、「自信があるとき」「期待感があるとき」「目標があるとき」でしたね。この期待感というのは、物理的なものだけでなく、「人から褒められたり、認められるかもしれない」とか、「達成感を得られるかもしれない」という期待も含まれます。


お子さんが成果を出せたら、ぜひ褒めて、その努力と実力を認めてあげましょう。そうするだけでもモチベーションがアップします。


ごほうび作戦は、本当に勉強が嫌い、自分からは何もしないような子の、“最初の一歩”として有効です。


ぜひ、ごほうび作戦の効果が出て、お子さんの成績が上がったら、褒めてあげましょう。そうすることで、「やればできるんだ!」という気持ちがお子さんに芽生えます。成績が上がる喜びや、達成感を感じることもできます。


ぜひ、次の時からは、ごほうびなしでも、その気持ちをモチベーションにできるようサポートしてあげてくださいね。


●ライター/佐々木恵(プロ家庭教師)

出典: 教育のまぐまぐ

 

家庭学習、どれくらい付き合っていますか?

【対象】幼児~小学校低学年

【場所】家庭で

【状況】小学校入学前のお子さんならば、本を一緒に読むとき。

小学校低学年のお子さんならば、学校の宿題で本読みの課題が出たとき。

↓賢いあなた、どうします?

国語力を養うためには、一字一句、正確に読むことを指導しなければなりません。たとえば、次のような例があります。 

-----------------------------------------------

1.「△△です」を「△△でしょう」と読む。

2.「わたしは」を「わたしが」と読む。

3.「、」や「。」を無視して、つなげて読む。

4.「てにをは」を抜く。 

-----------------------------------------------

違うように読んでも、意味には大きな違いがない場合がありますが、必ず指摘して読み直しをさせるべきです。親御さんのなかには「意味は同じだから、書いてあることと違うように読んでもいいじゃないか」と考えられている方もおられますが、正確に読むことが国語力の出発点となるのです。

「わたしは」や「わたしが」という場合など、細かな点における意味の違いがわかるようになるためにも、まずは文章を正確に読まなければなりません。書いてある通りに読むこと、これこそが将来の国語力の発達につながっていきます。

《今回の「賢い親マニュ」の効果》

幼児期や小学校低学年の時には、親御さんが子どもの勉強に十分注意を払ってあげて下さい。小さいときに面倒を見てあげると、子どもの自立も早まります。幼いときに十分に面倒を見ていなければ、子どもの自立は阻害されます。家庭教師としてお子さんを見ていると、幼いときに親がどれほど面倒を見ていたかということが、よくわかります。親御さんが十分に面倒を見てあげていたお子さんは、しっかりと自立し、きれいな字を書き順通りに書き、学習面の発達も順調です。逆に、親御さんが面倒を十分に見てあげていなかったと思われるお子さんは、学習面においても発達は未熟になっています。

幼いときに、親御さんがどれほど面倒を見ているかどうかが、将来の学力に大きく関わっていきます。 

《今回の「賢い親マニュ」の注意点》

小学校に上がると、多くの学校で本読みの宿題が出されます。その場合は、子どもに勝手に読ませるのではなく、必ず親御さんがそばについて間違いがないかどうかをチェックしてあげて下さい。ほんのちょっとの時間です。必ずお子さんの相手をして下さい。このちょっとした時間が、お子さんの将来にとっては貴重なものなのです。将来のお子さんの学習能力に大きな影響を与えますので、しっかりとお子さんの家庭学習につきあって下さい。

小学校入試研究会の印刷済みの問題集が購入できるようになりました!

 

割安なダウンロード版はこちら

 

早めの準備でしっかりと対策しましょう!!

低価格ダウンロード問題集

小学校受験対応  幼児教室のご案内

家事代行なび
家事代行なび